陽健美堂アロエ通信

Vol. 5 栄養補助食品ピックアップ(1)

フォーエバー ライトアミノウルトラ

以前にもご紹介しましたが、ライトアミノウルトラは良質なたんぱく質を摂取するのに役立つプロテインです。
今回は、もう少し詳しく商品の内容を説明したいと思います。
特に、アミノ酸についての詳しい情報も盛り込んでいますので、最後までお付き合いくだされば幸いです。

まず、原材料についてですが、主成分であるたんぱく質は動物性たんぱくのホエイ(乳清)ではなく、良質な植物性大豆たんぱくで、しかも100%遺伝子組み換えでない大豆を使用しています。

また、ビタミンやミネラルを配合して体内での分解吸収を助けて、たんぱく質の効率的な活用をしやすくしています。

ミネラル成分としては、亜鉛、セレン、クロムなど不足しがちなものをそれぞれ酵母で包み込んで配合、ゆっくりとたんぱく質の分解吸収が出来るようにしています。

さらに、フォーエバー独自のアミノテイン(アミノゲン)と言う、大豆たんぱくの消化吸収を高める効果がある酵素をブレンドすることで、アミノ酸を効率よく体内に取り込むことが出来ます。

そして、大豆に含まれる植物繊維などの働きによって善玉菌が活性化して腸内環境の改善にも役立ち、ダイエット効果を高める助けになりますのでお勧めです。

アミノ酸スコア100

アミノ酸については以前にも説明したとおり、人の体内には20種類のたんぱく質を作る元になるアミノ酸が存在していますが、そのうちの9種類を体内では作り出すことが出来ないアミノ酸であることから、必須アミノ酸と呼んでいます。

必須アミノ酸と非必須アミノ酸という分け方をしていますが、どちらも人間の生命を維持するためには欠かす事の出来ない栄養素です。

ライトアミノウルトラには9種類の必須アミノ酸が全て含まれていますが、種類だけでなく全体の配合割合のバランスが重要であり、その指標であるアミノ酸スコアは最高の100ですから、ほぼ完璧な配合バランスになっています。

    必須アミノ酸の特徴

◇イソロイシン・・・筋肉で代謝される分岐鎖アミノ酸 (BCAA) であり、筋肉のエネルギー代謝に深く関わっていて、筋肉を作ったり疲労を抑え、運動中の筋肉消耗を軽減する効果が期待できると言われています。

◇ロイシン・・・イソロイシンと同様の役割を持つBCAAであり、一日当りの必要量が最も多い必須アミノ酸ですが、食物に含まれる量も多いことから普通に食事をすることで欠乏する心配はないと言われています。

◇バリン・・・BCAAアミノ酸の一種で、イソロイシン、ロイシンと同じ機能があり、不足すると食欲を低下させ、栄養不良の悪循環を引き起こすと考えられています。

◇リシン ・・・リジンとも言われ、最も不足しやすいアミノ酸であり、生体のたんぱく質中に2~10%含まれていて、抗体やホルモン、酵素などを作る成分として利用され、体の成長や組織の修復に役立ちます。
植物性たんぱく質でも特に穀類に含まれる量が少なく、欠乏すると成長障害を起こすことがあり、リシン欠乏を防ぐためには穀類と動物性タンパク質を組み合わせて摂取することが必要です。

◇メチオニン・・・含硫アミノ酸の一つで、タンパク質中での含有量は少ないが、脂質代謝に関与し肝機能の維持に重要なアミノ酸です。
血液中のコレステロール値を下げ、活性酸素を取り除く作用があり、システイン、カルニチン、タウリンの生合成や、レシチンのリン酸化などリン脂質の生成に関与しています。また、メチオニンの生合成が上手くいかないと動脈硬化症が起こることがあるそうです。

◇フェニルアラニン・・・脳内で神経伝達物質に変換される重要な必須アミノ酸であり、フェニルアラニンは酵素によりチロシンへ変換されます。
チロシンを経て、脳内神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリン、また黒色色素メラニンの材料になる必須アミノ酸で、血圧の上昇や鎮痛作用もあります。

◇トレオニン(スレオニン)・・・穀類などでは含有量が少ないため不足しやすく、よく穀類の栄養強化などに用いられていますが精白米に添加する場合には、リジンとのバランスを取る必要があるそうです。
働きとしては、肝機能を高めたり成長を促すと言われています。

◇トリプトファン・・・色々な食品に含まれますがその含有量は多くなく、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやメラトニンの原料であり、精神機能の維持に重要なアミノ酸で、体内時計の役割を持つと言われています。
また、精神を安定させる、鎮静作用があると言われていて、L-トリプトファンは禁煙治療の補助、月経前不快気分障害 (PMDD) に対して有効性があると言う説がありますが、はっきりとしたことは分かっていないそうです。

◇ヒスチジン・・・塩基性アミノ酸の一つで、特に乳幼児の成長に必須なアミノ酸です。
また、アレルギー反応に関与するヒスタミンの前駆体でもあり、ヘモグロビンに多く含まれることから不足すると貧血になるリスクが高まります。

必須アミノ酸の役割などについて調べたところ、まだよく分かっていない事もあるようですが、どれが不足しても良くないことは確かな事ですから食物から摂取するとともに、サプリメントとしてライトアミノウルトラを活用して、ダイエットや筋肉力の維持に役立てることをお勧めします。