陽健美堂アロエ通信

Vol. 9 箱入娘のシャワータイム

ココの日課です

ココの事は以前にご紹介したと思いますが、今回やっとシャワータイムの写真撮影にトライしました。

何とか撮ることが出来ましたので、本邦初となるシャワータイムを公開します。

たかが猫の事で大袈裟過ぎましたが、この時が一番大変な時間なんです。

と、言うのもやはり猫は水が嫌いな生き物と言われているように、シャワーを嫌がって逃げたり隠れたりするんです。

やっとの事で捕まえると、一度は観念しておとなしくなるんですが、洗面台に近づいたとたんにオギャーウギャーと泣き叫びだすんです。

何時もの事とは言え、虐待しているような気分になってしまい、可笑しいやら悲しいやらなんとも複雑な気分です。

何故こうなったかについても、以前お話をしたと思いますが改めて説明しますと、突然元気がなくなりどうも様子が変だという事で、動物病院に連れて行き見て貰ったわけです。

診察の結果、急性腎不全という事を言われさらにその原因が、尿管に石が出来て管が詰まってしまい排尿ができない状態になった事だと分かりました。

当然、緊急手術という事になり、結石を取り除こうとしたようですが、残念ながらすべて取り除く事は無理という事でした。

結石のある位置が悪かったようで時間的に厳しいという事になり、やむを得ず残った尿管を腹部から排尿出来るようにバイパス術をして何とか生き残れました。

その後も、腎臓の機能回復の治療などで約一週間入院しましたが、晴れて無事に我が家に生還したんです。

暫くは排尿も上手くいかなかったんですが、徐々にトイレでする様になり動物ってすごいな~と思ったりしましたが、どうしても少しは漏れてしまうので、アンモニアに皮膚がかぶれない様に洗い流さないといけないという事で、シャワータイムが欠かせないわけです。

かれこれ、1年以上たちますが慣れたとはいえ嫌がるところは相変わらずで、可哀そうと思いながらも今日もイジメてしまいました。

人間も同じようなことは起こりますし、人工肛門になる人もおられますからある意味他人事ではないと、つくづく思います。

こればかりは予想も出来ないですが、やはり健康は努力しないと手にいれる事は出来ないという思いで、引き続きアロエパワーで頑張っていこうと考えています。