陽健美堂アロエ通信

Vol.16 美容とアロエベラ(2)

ターンオーバーと美肌

皮膚の構成や役割などについて理解して頂けたと思いますが、表皮の細胞は約28日で入れ替わる、いわゆるターンオーバーを繰り返しているわけです。

表皮を構成する基底層から分裂してできた皮膚細胞は、徐々に表面に押し出されて最後は角質となって死滅し垢となって剥がれ落ちていきますが、ターンオーバーとはその周期を指す言葉で、一つの細胞が生まれてから死滅するまでの期間をいいます。

つまり、表面の肌は毎日新しいものと入れ替わっていますので、そのケアがとても大切になります。

皮膚細胞には、身体全体に皮脂腺が数十万個、汗腺は数百万個もあると言われていて、そこから体内の老廃物が汗となって排泄し、さらに皮脂腺から出る脂質と混ざり合い肌の表面を保護しています。

また、紫外線の刺激などから細胞を保護するため、基底層に存在するメラノサイトからメラニンが分泌されますが、黒い色素のため角質層に沈着することでシミとなってしまいます。

そこで、紫外線の刺激を緩和してメラニンの分泌を少なくする肌ケヤと、出来てしまったシミや皮脂汚れを素早く落とす、毎日の洗顔がとても重要になってきます。

さらに、汚れや脂質を落とした後の肌に、保湿成分や保護成分をたっぷりと補うことが最も必要なことです。

スキンケアに役立つアロエベラ

ところで、メラニン色素はどのようにして出来るのでしょうか。
メラニンは色素細胞のメラノサイトから分泌される物質ですが、その前のチロシンという物質にチロセナーゼ(酸化酵素)が作用してメラニンを合成すると言われています。

アロエベラにはアロエシンという成分が含まれていますが、これがチロシナーゼの作用を抑制する働きをして、メラニンの合成を抑制する事が分かっていますが、ビタミンCに匹敵するそうです。

その他にも、アロエベラに含まれる多糖類には保湿作用があり、ビタミン類、ミネラル類による肌の引締め作用や紫外線を防ぎメラニンの生成や日焼けによる炎症を抑える働きなど、様々な肌を整えるサポートをする機能を備えています。

アロエベラの植物性天然液汁をスキンケアに使用することで、含まれている多種類の有用成分が肌に働きかけて健康な状態にしてくれます。

スキンケアは、洗顔に始まり洗顔で終わると言われるそうですが、フォーエバーでは洗顔と保湿が同時に出来て、さらに角質層を保護する役割もある、そんな基礎化粧品をラインナップしていますので、この機会に是非ご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

化粧品のご紹介はこちらからご覧ください