陽健美堂アロエ通信

Vol. 4 ビープロポリス

ミツバチの巣を守るプロポリス

ミツバチが巣を外敵から守りその中を清潔にするため、自らが作り出すプロポリスはカビや細菌の繁殖を抑える働きがあります。

樹液などと自らの分泌物(唾液、酵素)を混ぜて巣の入り口や中に塗って殺菌したり、時に侵入した外敵の死骸を塗り固めて衛生状態を保つそうです。

また、人間も古くはエジプトのミイラに、腐敗防止などのために使用していたことも知られています。
プロポリスの成分は最近の研究によって、ポリフェノールであることが分かりました。

ポリフェノールとは、フラボノイドやフェノール酸などのことで、人の健康維持に役立つ物質で体の中で作ることのできないものです。

フォーエバーのビープロポリス

プロポリスはミツバチが作り出す自然のもので、その量も多くはない大変貴重なものです。

フォーエバーのプロポリスは、アルコールなどで抽出せずに天然そのままを利用して、食べやすいように粒状に加工しています。

また、天然の栄養素以外の成分を含んだままの状態なので、人によっては臭いや味が気になることがあるかもしれませんが、日頃から継続して食べることで健康維持に役立ち、毎日を元気に過ごすことができます。

病気になれば薬を服用するのは仕方のないことですが、必ず副作用の懸念があります。
その観点からも抵抗力の強い体づくりをするために、日頃から健康維持の習慣として活用されることをお勧めします。

陽健美堂ホームページ健康食品のご紹介はこちらから